世界報道自由度ランキング(2021年版)日本67位・・

投資生活

カメノコです。

少し前のことですが、正月休みで帰省していた友人と久しぶりに会って、お互いの近況を話したときに、友人に「ブログを始めたんで、よかったら見てな」と伝えたところ・・

友人「最近は、以前と比べるとテレビもネットも、ほんとうに見なくなっているんだけどな」

カメノコ「なんで?」

友人「例えばカメノコだったら、ネットで【金儲けの方法5選】なんていう記事を何十回と見てきたんじゃない?」

カメノコ「いや何百回も見ていると思う」(笑)

友人「そうだろ!今現在もネットもテレビもそのような情報であふれているけど、最近カメノコが金儲けの情報を見て新たな気づきはあった?」

カメノコ「いや、過去に何度も見たり聞いたりしたもので、既に自分の中にある情報ばかりやわ」

友人「そうだろ、俺もそれに気づいて時間の無駄なので、テレビもネットも見なくなった。日本のテレビ等のマスコミ情報も世界レベルで見たら、あまり高くないみたいだからな、でもカメノコの近況を知るために、たまにブログを見させてもらうわ」

持つべきは友人です。

〇〇ありがとう

誤解ないように補足しておくと、友人も自分から情報を取りに行くときには、積極的にネットを活用するし、テレビも録画でキーワード登録をして自動検索&自動録画する方法で欲しい情報を収集しているとのことです。

友人と別れた後、「日本のテレビ等のマスコミ情報も世界レベルで見たら、あまり高くないみたいだからな・・」と言った友人の言葉が気になり調べてみました。

世界報道自由度ランキング(2021年版)

世界報道自由度ランキングは、国境なき記者団 (RSF) が、2002年より毎年1回発表している指数で、世界180カ国の国と地域を対象に、世界各国の報道機関の活動と政府による規制の状況をランキング形式でレポートするもので、日本は67位で、世界報道自由度ランキング(非常に良い・良い・中程度・悪い・非常に悪い・未分類)6分類中の中程度。

引用:世界報道自由度ランキング – Wikipedia

【G7の中での世界報道自由度ランキング】

  • ドイツ  13位
  • カナダ  14位
  • イギリス 33位
  • フランス 34位
  • イタリア 41位
  • アメリカ 44位
  • 日本   67位 G7の中では最下位

私の親の世代はマスコミへの信頼度は高いように感じるが、私たちはマスコミの情報を鵜吞みにせずに➀可能であれば自身で情報源を確認する、②複数の情報で見る等の方法で情報の真偽を見分けることができるようになりたいですね。

参考:世界報道自由度ランキング(抜粋)

  • 1位  ノルウェー
  • 2位  フィンランド
  • 3位  スウェーデン
  • 4位  デンマーク
  • 5位  コスタリカ
  • 176位 ジブチ
  • 177位 中華人民共和国
  • 178位 トルクメニスタン
  • 179位 北朝鮮
  • 180位 エリトリア

(R4.1.17追記)

ブログを見た友人から、「世界価値観調査」の情報を教えてもらったので追記します。

「世界価値観調査」・・世界数十カ国の大学・研究機関が参加し、共通の調査票で各国国民の意識を調べ相互に比較する調査。1981年から、また1990年からは、ほぼ5年ごとに実施。国ごとに全国の18歳以上の男女1000~2000サンプル程度の回収を基本とした個人単位の意識調査。

日本人は、他の先進国の方と比べて「新聞、雑誌、テレビ」の信頼度が高いですね。

大手の会社からマスコミへは巨額の宣伝費が支払われており、マスコミは、それらの会社に配慮した記事・映像が掲載・配信されていると推測されるので、全面的に信頼するのはどうかな?と思うカメノコでした。(終)


2つのブログランキングに参加しております。「ポチっと」クリック応援お願いいたします。 <(_ _)>

にほんブログ村にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

人気ブログランキング


■ぼちぼち上を向いて進んでいきましょう!

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました