再生栽培(パイナップル)➀

再生栽培

カメノコです。

10数年ぶりにパイナップルのさし芽栽培をしてみました。

以前栽培した時は、冬場の朝に果樹を屋外に出して、夕方家の中に入れる作業が面倒で、栽培開始から2年が経過したときに、熱帯果樹栽培が趣味でビニールハウスを所有している友人に譲ってしまいました。

そのパイナップルはその後結実して、世代交代しながら今は株数も増えているらしい。

R3.7.24~パイナップルのさし芽栽培開始

今度は結実するまで頑張ると決意し、スーパーで1玉を購入。

 

  • 葉っぱが付いた部分を2cmほど果肉を付けて切り取る。
  • 下葉を数枚取り除き、芯を出す。

 

  • 鉢に、ビニールネットを敷き、鉢底石を入れた後、鹿沼土6:腐葉土4の割合で土をいれる。
  • 芽を3日間日陰で乾燥させた後、さし芽をしました。          
  • 今後一ヶ月は半日蔭の場所に置き、その後日当たりが良く風の当たらない場所で管理をしていきます。

(追記)R3.9.10

新しい芽が2つ出てきてました

R3.9.10撮影

今後は随時、成長記録等を報告させていただきます。

 

(R4.5.4追記)室内のミニ温室に移動させていた「パイナップル」は、無事冬を越すことができました。

R4.5.2撮影

R4.5.3撮影


2つのブログランキングに参加しております。「ポチっと」クリック応援お願いいたします。 <(_ _)>

にほんブログ村にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

人気ブログランキング


■ぼちぼち上を向いて進んでいきましょう!

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました